本文へ移動

トピック

#7 Yさんに返事を書こう - 2018.05.31

昨日、Yさんから手紙をもらい、早速Kちゃんが返事を書く。それを隣で見ていたHさんも手紙に興味を持ち、一緒に書き始める。
 
 
Kちゃん 「昨日ね、Yちゃん(=Yさん)からお手紙をもらって、嬉しかったからお返事を書くの」
 
Hさん  「私もお父さんとお母さんとお兄ちゃんとおばあちゃんにお手紙を書く!」
 
 
 
Kちゃんは便箋の裏にYさんの顔を描く。
 
Kちゃん 「これがYちゃんの顔。これはお花とぶどう」
保育者  「ぶどうはKちゃんが好きな食べ物?」
Kちゃん 「私が好きだから書いたの」
 
 
 
Hさん  「私は字が書けない」
 
Hさん、波線や花、ハートなどをたくさん書く。
 
 
 
Kちゃん 「Yちゃんに『ありがとう』って書く」
 
Kちゃん、すらすら文字を書いていく。
 
 
 
封筒を作り、封筒の四角の小さな枠やマークに興味を示す。
 
Kちゃん 「ここにはね、『Yちゃんへ』って書くの」
保育者  「ここは(マーク)何かを貼るところ?」
Kちゃん 「そうだよ。切手を貼るところ」
Kちゃん 「前にね、お手紙を送ったときに切手を貼って送ったから知っているよ」
 
保育者  「ここ(小さな枠)には何を書くの?」
Kちゃん 「数字を書くんだよ」
 
Kちゃん、自分の知っている数字を書く。
 
 
保育者  「色々な切手があるんだけど、貼る?」
Kちゃん 「うん」
Hさん  「私も」
 
 
保育者  「これで、完成?」
Kちゃん 「これをポストに入れるの」
Kちゃん 「手紙がYちゃんに届きますように」
 
Kちゃん、ポストに手紙を入れる。
 
Hさん  「私も入れる」(ポストに手紙を入れる)
 
 
 
 
 
【考察】
 
 Kちゃんの書いた手紙には、「お手紙ありがとう」「また、あそぼうね」と書かれていました。文字以外にも、Yさんの似顔絵、お花、Kちゃんの好きなぶどうが添えられていて、Kちゃんの温かさが伝わってきました。「文字を書くだけが手紙じゃない」ことをKちゃんの手紙を通じて感じました。Kちゃんの手紙は「心に響くメッセージ」そのものだと思います。
 
 Hさんも「手紙」を通して、「字は書けないけど・・・」と文字を書いたつもりになって波線を書く姿やハート、花など、一生懸命に「家族の絆や家族に対する思いを伝えたい!」という強い思いが伝わってきました。Hさんの思いが届くといいなと思います!
社会福祉法人赤碕保育園
〒689-2501
鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1867-8
TEL : 0858-55-0708
FAX : 0858-55-7661
TOPへ戻る