トピック

2018年度

 

 

 

おひさまぐみ(0歳児)

 

○研究テーマ:色

 

○五感を生かす

 
 
 
ことりぐみ(1歳児)
 
〇花:たんぽぽ
 
〇穴:排水パイプ
 
〇水
 
〇影:木やテラス、玄関
 
〇雨
→出窓の雨、すずらんテープをつるす(6/9)
 
〇虫
 
〇顔
 
〇風
→うちわ
→風車

→風は見えない、概念としても理解しにくい(6/9)

 
〇カエル
 
〇楽器遊び
→ウインドチャーム:天気を音で表現する(6/9)
 
 
 
 
はな②くみ(2歳児)
 
〇散歩:目的を持って出かけている
 
〇虫探し:ダンゴ虫の飼育
→虫カード(6/8未満児会)
 
〇ダンスや体操
→手遊び歌(6/8未満児会)
 
〇ステージ遊び
 
〇園バス、ゴミ収集車
 
〇野菜(さつまいも)
 
〇クッキング(月1回予定)
 
 
 
はな①くみ(2歳児)
 
〇散歩
 
〇虫探し:ありの穴、ダンゴムシ
 
〇木:トトロの家
 
〇公衆電話ボックス
 
〇建物:誰の家?何の家?
 
〇顔:虫の顔、動物の顔
→自分の顔だけではなく、友だちの泣いた顔、笑った顔など表情への関心も(6/8未満児会)
 
〇働く車(音、姿、色):救急車・パトカー・消防自動車

→色への関心:あお、くろ、ピンク

→絵を描いて展示(6/8未満児会)

 

〇パズル

 
〇クッキング(月1回予定)

 

 

 

つきぐみ(3歳児)

 

〇水と土と砂との変化

→砂場、ごちそう、砂や土:変化していくもの

 

〇穴:すべり台、どろんこ遊び、五感で味わう、肌で触れる

 

〇虫探し:ダンゴ虫の飼育、家族

 

〇カエル

 
 
 
にじぐみ(4歳児)
 
〇ドーナツ屋:お客さんとして参加
 
〇ナカイセンセイ人形
 
〇こいのぼり
 
〇栽培
 
〇虫
 
手紙:Kちゃんが友だちに手紙を書いたところから始まる
→KちゃんからIくん(長期休みで渡せず)→ポストづくり→手紙を入れる→Kちゃん、いろいろな人に手紙を書くが、返事がない→その時に、ほしぐみ(5歳児)が手紙を返してくれた
 
 
 
ほしぐみ(5歳児)
 
〇おみせやさん:ドーナツ屋・イノシシレストラン:イベント
 
プレゼント(沖縄パンダ保育園からのプレゼントへのお返し、赤碕の紹介)
 
手紙:書いて出し合ったり(にじぐみとのやりとり)、切手を仕分けしたり
 
〇ダンス:ドレス作り、パフォーマンス
→イベント・お店やさんとの繋がり
 
〇生き物:虫をどのように飼うのか
 
〇ドッジボール
 
〇イノシシ:所々に出てくる
→高橋さんがイノシシの皮を持ってきてくれる→高橋さんのプロジェクトも今後、考えられる

手紙

あらすじ

KちゃんがIくんに手紙を書いて持ってくるが、その日はIくんがお休みで、手紙を渡すことができない。先生に「手紙を何かに入れておこう」と提案されたKちゃんは、赤い箱でポストを作りそこへIくんへの手紙を投函する。その様子を見ていた他の子どもたちも、自分で書いた手紙をポストに投函して遊ぶようになり、次第にその人数も増していく。
朝の会でポストについて話し合うと、赤碕こども園や子どもたちの家の近くにポストが設置されているという情報を得る。実物のポストの形状やその仕組み、投函された手紙の行く末を調べるため、子どもたちは街中へと出かけていく・・・

プレゼント/赤碕

あらすじ

ある日、沖縄のパンダ保育園からプレゼントが届く。そこには手紙のほかに、絵本、郷土玩具、絵ハガキ、紙芝居、ポスター、民謡のCD、花の種など様々なものが入っていた。一通り沖縄の文化に触れた子どもたちは、沖縄について調べ始める。

お店屋さん/イベント

社会福祉法人 赤碕保育園
〒689-2501
鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1867-8
TEL.0858-55-0708
FAX.0858-55-7661